バジル使って夏らしいお昼ごはん

お盆も過ぎて今日あたりから仕事復帰、という方も多いようですが、まだまだ夏真っ盛りのようなギラギラした陽射しがこう続くと、いくら夏好きの私でも少々ウンザリです。唯一この高温と陽射しがありがたいのは、屋上の作物が南国のように良く育つこと。先週もいささか伸びすぎたバジルを刈り取りました。(写真上)

毎年、ここで採れるバジルの葉はペーストにしたりパスタやバジルご飯にしたりと、ひと夏大活躍してくれます。早速、採れたての香りを楽しもうとお昼ごはんのメニューを考えることにしました。A案は細めのカッペリーニを使って冷たいトマトパスタにたっぷりのフレッシュバジル・・・猛暑で食欲が落ちる時期にぴったり!(まあ夏でも食欲は落ちたことないんですが)。そしてB案は挽肉かベーコンを使ったバジル炒めご飯、ピリリと効かせた唐辛子がこれまた食欲をそそります。

でも結局、A案もB案も却下。その理由は暑い中、お母さんが近所のイタリアパンのお店まで自転車を走らせてバゲットを買って来てくれたから。茹でたフランクフルトをはさんでオリーブオイルで和えたトマト&バジルをトッピング。イタリア風味たっぷりの夏のお昼ごはんになりました。(写真下)

カテゴリー: つぶやき, 商店街, 料理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)